皮膚疾患を伴う勃起障害へのケアサポート

ペニスに充分な量の血液が送られないことにより起きてしまう勃起障害ですが、このEDの症状に主に次のような4つの原因が関係しています。若い世代に多い精神的ストレスによる心因性ED、中高年世代に多い精神的ストレスと神経や血液循環の問題により起こる混合型ED、生活習慣病による神経と血液循環の問題により起こる器質性ED、特定の薬の服用の副作用として起こる薬剤性EDです。心因性ED・混合型ED・薬剤性EDでの勃起障害は、一過性の症状であることが多く日常的に手に入る滋養強壮剤などでのケアサポートでも充分対策ができます。ですが、滋養強壮剤ではケアサポートできない深刻な勃起障害が器質性EDです。

器質性EDは高血圧・高脂血症・腎不全・糖尿病などの生活習慣病が、ペニスへの悪影響を与えています。勃起障害だけではなく頻繁に肌が炎症を起こす皮膚疾患を伴うようであれば、ただのEDではなく器質性EDであると考えが方が良いでしょう。生活習慣病は運動不足・不規則な生活サイクル・高たんぱく質の多い食事により罹ってしまう病気です。そのまま放置しておくと、最悪では命に関わるまでに症状が進行してしまう可能性もあり得ます。医療機関を受診して生活習慣病を正していくケアサポートが必要です。

ケアサポートとしては、生活指導と生活習慣病のタイプ別による症状を緩和させる薬剤の処方、定期的なED改善効果のある薬剤の処方が行われます。EDの症状を改善するとともに並行して、生活習慣病の改善治療をしていきます。生活習慣病の症状が改善していくことにより、皮膚疾患・勃起障害の症状も改善していくことができるのです。健康のためにも器質性EDに当て嵌まると感じたら、病院に相談に行きましょう。