勃起障害と陰茎海綿体の関係

男性の場合では勃起障害に陥ってしまうことがあり、物理的なことが起因している場合や、精神的なことが起因している場合、年齢的な部分が原因となっている場合もあり、人によって勃起障害の原因が異なることになります。勃起障害の症状が出てしまっている方のケースでは、一般的には陰茎海綿体との因果関係が疑われることになります。正常な勃起の状態を保っている方の場合では、陰茎海綿体の動脈が広がることで、一気に血液が流れ出して勃起を行うことが可能になります。しかし、勃起障害の症状が出ている方のケースでは陰茎海綿体の動脈が広がることがなく、十分な血液を送り込むことができない状態になります。このことから密接な関係を持っていると判断することができ、改善するための方法を考えることがおすすめです。現在では幸いにして、勃起障害に効果的とされている薬の数々が販売されているので、気になっている症状が出てしまっている方の場合では、薬の服用を行ってみることが推奨されています。薬に関しては、その取り扱い方法が非常に簡単なメリットもあり、必要と感じた際に服用するだけなので面倒な飲み方をせずに直ぐに利用することができます。勃起障害の方でも優れた薬の効果によって、念願の勃起状態を保つことができるように配慮されているので、現在では悩み事となっている方でも比較的簡単に悩みを解消させることができます。薬の入手方法も複数のものがあり、病院で診察を受けてか処方される方法以外でも、専門店で購入する方法などもあり、現在ではインターネットを通じて購入できる方法までも用意されているので、必要に応じて最適な方法で購入することで、普段の生活を楽しく過ごすことに適しています。

勃起障害に年齢は関係ない?主な原因について

男性の勃起は外部からの性的な刺激や興奮を覚えることで、脳から勃起の命令を送り、神経を伝って陰茎に届くことで、海綿体に血液を送り込み男性器を硬くすることです。この一連の流れがあって初めて勃起をすることになりますが、この中でどこかに異常が起こると勃起障害が起こるようになります。勃起障害には器質性と心因性の大きく2つの種類と、薬剤性という特殊な症状があります。器質性は身体のどこかに何らかの異常が現れることで起こる症状で、前述の勃起のメカニズムのどこかに起こる問題です。心因性は仕事からのストレスや家庭環境、過去のトラウマといったものが原因で働く精神的な問題で、勃起のメカニズムとは多少異なっています。薬剤性は糖尿病などの治療に行う特定の治療薬の副作用で起こる症状で、器質性と密接な関係があるため、同じものとして扱うこともあります。器質性の勃起障害は糖尿病などの血液の循環が上手くいかないことで起こりやすく、また不慮の事故などによって神経が断裂するような事態が起こると勃起ができなくなります。生活習慣による問題は高血圧や糖尿病に罹りやすい中高年に起きやすいのですが、偏った食生活や不規則な生活を行うことで、若年層にも起こり得る症状となります。また、心因性は過去のトラウマに恐怖を感じることで勃起ができないことがあり、例えば陰茎の形が他の人とは違ったり、男性器のサイズが平均より小さいことから女性に笑われたといった過去があったり、早漏によって満足できる性行為ができなかった場合などで、次も上手くいかないのではないかと考えて萎えることがあります。このような症状は年齢に関係なく発症し、精神が成長しきっていない20代前半でも起こり得ます。

勃起障害を治せる治療法と治療薬

勃起障害は身体に何かしらの障害が起こることで勃起ができなくなる器質性と、精神的なストレスからくる心因性があります。器質性は不慮の事故によって神経が断裂するなどの障害、血液の循環が上手くいかないことによる問題などがあり、糖尿病や高血圧症と併発することもあることから、生活習慣病の前段階として考えられることもあります。治療は主に泌尿器科か、勃起障害を専門に扱うクリニックで、原因を特定してからの処方薬や治療法の提示が行われます。神経の障害については手術を受けるなど、大がかりな治療法が必要で、場合によっては治らないなんてことも少なくありません。しかし、血行障害については原因となる糖尿病などの治療を行えば自然と治ることもあり、さらに病院で処方されるED治療薬を使用すれば一時的に改善することが可能となります。問題は血液がドロドロの状態で流れにくいことにあるため、下半身の血流を良くすることに尽きるので、有酸素運動やストレッチによる血行の改善や、血液をサラサラにする食事を摂れば、時間はかかりますが治療ができます。仕事や家庭環境のストレスや過去のトラウマからくる心因性の治療は非常に難しく、泌尿器科ではなく精神科の領分となります。原因を取り除くためにはカウンセリングを受ける必要があり、この状態はED治療薬では改善することがほとんどなく、精神安定剤などを併用して、性行為に前向きな考えを持たせる必要があります。心因性は性行為の失敗によって起こることがあるため、器質性の勃起障害で自分はもうダメだなと考えると、心因性を一緒に併発することもあるため、原因が両方あると治療はさらに難しい状態になります。とはいえ、絶対に治らない病気ではないので、医師に相談して最適な治療法を見つけるようにしましょう。